旧式機械の再利用推奨…のつもりが!

在宅で仕事をしていると、FAXやプリンターは欠かせません。

最近では、クライアントにFAXをPDFデータとして、eメールにして送る複合機の導入が進んでいるためか、メールで貰う事が増えました。

PDFとは言っても画像なので、受信側でプリントアウトして原稿として使います。



で、モニタを見ながら作業が出来ない訳ではないけれど、レ印などのチェックができないんで、必要なものはプリントしています(情報セキュリティのため、裏紙利用は出来ずみんなゴミ)。

※できるだけ必要最小限のものや、1枚の紙に複数ページを縮小出力等で節約していますが、時間がないと全部出力です。



現在はインクジェットorレーザープリンターを使ってますが、なんか消耗品のランニングコストを考えると…心が痛みます。

FAXのロール紙だったら?

特に一定期間の保存が必要な原稿ならともかく、すぐ捨てる原稿…。

「普通紙」+「インク」>「感熱紙」なのは確かなのに…。



ISDNで2回線使っていたときは、自分で自分の別の番号にかける…という裏技で出力出来ましたが(電話料金がかかる+あの頃は原稿枚数が大量じゃなかったので実用はしてなかった)、光電話では2回線あっても、この技は使えなくなってます。



ということで、FAXのロール紙をどうにかプリンタ用紙として使うすべは無いか調べてみました。





まずは、ペンタックスのモバイルプリンター

「世界最小最軽量」には心ひかれます。

ただ問題は、Macで使えないのとプライス。ネットでの平均価格¥47,044は微妙〜。どうしても必要なものではないだけに、私だけの利用では元が取れるまでに数年はかかる。



次にFAXプリンター

部屋の片隅に、眠っているロール紙FAXがあるから、コレを再利用できたら…と夢は広がります。

で、私に電気の知識がないので詳しい人に聞いてみたら、ザウルスのように軽量のものならともかく、普通のPCの電圧では、最悪逆流してクラッシュするかもしれないから止めた方が良いとの事。よよよ。

代わりに擬似電話交換機を教えてもらいましたが、

ケース組み込み(電源付き)完成品になると、ちと高い。



そうこう考えて、とりあえず試しと、同居親名義の別回線の電話にFAXを繋ぎ、PCからFAXしてみました。




実験結果は、ピックリするほど遅い

A4用紙3枚を出力する場合、インクジェットプリンターなら2分程度のところ(Canonだから特に早いっ)、FAXは5分以上…。約3倍!





結論。一度に少ない枚数ならFAXもプリンターも、コストと時間の差が少ない。

が、問題の一度に大量の枚数の場合、FAXでは時間がかかりずぎるため、コストうんぬんの前に仕事の要領に支障をきたします!



がっくり。

お金があれば、一番最初に紹介したモバイルプリンターを試した見たいものです…。

うう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

iPod touch

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM