iFAX…最後の請求書

先月中頃に、NTTコミュニケーションのサービス「iFAX」を解約しました。



詳細は《こちら



で、解約時までの基本料金の日割り分が請求書で届きました。たぶんこれが本当に最後の請求書でしょう。

こんな低額な請求金額の書面なんて、今後二度とお目にかかれない!と思います。

(自動引き落としなんかではあるかもしれないけどね)



という訳で、記念に画像をアップしときます。




QuickTime Windows版 についての勘違い

ふたつ前の更新で、Windows版のQuickTimeは表示できない動画のフォーマット(エンコーディング)が多い!と書きましたが、勘違いあり。



今更だけど、Leopardにしたときのトラブル(解決済み)

MacG5(PoworPC)をPantherからLeopardにアップグレードしたときは問題なかったんだけど、クリーンナップして再インストールしたら、AdobeのCreative Suite1がインストールできなくなりました。

いろいろ検索してようやく見つけた記事が以下のもの。



http://support.adobe.co.jp/faq/qadoc/AJ25.nsf/0/5a5609dfc8e5060c49256e04002bade2?OpenDocument



………………。



フォーマット形式をUNIX形式にしたのが失敗だったのか!!!

ちなみに、その他のアプリケーション類は問題なくインストールできて使えており、フォント類も入れ終わり、Creative Suiteはほとんど最後の大物アプリケーションでした。



最初っからフォーマットのやり直し&各種アプリの再インストールの繰り返し…。くすん。

QuickTime Windows版

Mac版のQuickTimeはproにして正解。

書き出しに、思った以上に画質があれてしまうのと時間がかかるのがアレですが、まあ使い安いです。



で、WindowsにもQuickTimeを入れてみたんですけど(こちらはpro版ではない)、なんだかなぁ。

私のWindowsのスペックの問題なのか、何か設定が間違っているのか、ソフト自体に問題があるのか、使い勝手が悪いです。

(編集してるわけではないから使い勝手が悪いという表現も変かな)



表示できない動画のフォーマット(エンコーディング)が多い!

やはりWindowsMediaPlayerが強いのかな。

ちなみにQuickTime関係なく、動画によっては、最強動画再生ソフトのFLVよりWindowsMediaPlayerの方が滑らかに再生するのよね。





やりたいことは、本当にささやかなコトなのに、動画編集の道は遠い…。

いつの間にかDVDプレーヤー復旧?とその後の動画ソフト

http://blog.noriko.sub.jp/?eid=662144

の記事でも書いた、Macデフォルトのソフトで市販のDVDが再生できなかった件ですが、いつの間にか解決してました。



動画関連の別のソフトやプラグインを入れたり、アップグレードしたりといろいろやったから、何がきっかけだったか分からないけど、まずは一安心です。

といっても、今じゃデフォルトの「DVDプレーヤー」ではなく、フリーソフトの「VLC」をメインで使っているんですけどね。

iLife 及び QuickTime Pro…にして良かったのか?

前回、Mac版のRealPlayerをインストールしたった言いましたが、結局ほとんど使ってません。やっぱり不要だったか?



まあそれは置いといて…



Mac版

Mac版のRealPlayerをインストールしてみました。

でも、動画再生は紆余曲折の末にMacでもWindowsでも「VLC」に落ち着いたので、結局使わないままかも。

Skype試行錯誤

電話回線の強化によりSkypeでビデオチャットが可能になってから約半年、主機Macは当初OS10.3.9だったので、使える市販のWEBカメラがほとんどなく(10.4〜)、できても通話のみ。その上使い勝手が悪いので(下記で説明)、ビデオチャットはWindows(ノート)の方で使ってました。主な使用目的が、県外にいる姪っ子と両親のコミュニケーションだから、デスクトップのMacより、ノートのWindowsの方にもともと軍配は上がってるんですけどね。



それでも、存在する機能は使えるようにしておきたいので、Macの方もいろいろ試行錯誤。

Macでの使い勝手の悪さの原因は、市販のイヤホンセット以外のマイク単体はWindows用ばかりでMacに保証が無い!ってこと。

試しに使ってみても音が小さくノイズが多い。一般的なイヤホンタイプのヘッドセットは使えるんだけど、Macではスピーカーのジャックは本体全面、マイクのジャックは本体背面にある。これじゃ距離があって差し込めない。

仕方ないんで、USBをマイクとスピーカーのジャックに変換するアクセサリを買ってきてコトなきを得たんだけど、結局はイヤホンマイク…。なんだかんだで使い勝手が悪い!差し込みっぱなしも邪魔だし、通話のたびにマイクを衿にクリップするのが邪魔臭い!(スピーカーは内蔵のもので充分なのに、マイクとセットになっているからイヤホンを耳にするのも面倒!)

まあ、どうしても通話するって時は使うけど、通話時はWindowsを起動した方がまだ便利って感じ。



で、そうこうするうちに、OSをLeopard10.5.xにアップグレード!

新機能も追加され、他の機能で試行錯誤しているうちに、またMac版Skypeにたどり着き、検討。

理想はMacで使えるPCマイクがあることなんだけど、なかなかみつからないんで、別アプローチで無線ハンドセットを購入。Macで使えるのが決めて!(Intel Mac不可)

他にもPC不要のSkypeワイヤレスフォンなんかも考えましたが、PC不要タイプはチャットができないんで却下しました。やっぱりSkypeの利用頻度はテキストチャットの方が多いですしね。

あと、コレのメリットはスピーカーとしても使えるということ。Mac本体のサウンド設定をコレに設定し、スピーチのテキスト読み上げ音声をBellsあたりの鐘の音にしておき、なおかつSkypeのイベント設定で、チャット開始メッセージ着信時の音にスピーチをチェックしておくと、離れた場所でもチャットメッセージの受信を知ることができる!

PCから席を話すことが多い私にはとっても重宝な機能です。



で、これで、ようやくMacでの通話が楽になったんだけど、こうなってくるとWEBカメラも欲しくなる。

ドライバ不要のカメラは既に持っていたんだけど、それとは別に、ubuntuで使えるかな?とテスト購入したはいいけど、やっぱり使えず、Windowsでも使えるはずが、私のDELLちゃんとは相性が悪いようで使用不可になり、完全に宙に浮いていた旧式WEBカメラを試してみることに。

そのまま差し込んでも、Mac用のドライバはないので不可。あきらてすっかり忘れた頃に、macamドライバの存在を知り試してみたら使える!!!!旧式で画素数も少ないからとてつもなく暗いんだけど、使えるってのはありがたいです。

これで、Macでもビデオチャットもいつでもどんとこい!状態。

Macでのビデオチャットの頻度が上がれば、カメラも買い替えを考える予定です。



ちなみに、MacでWEBカメラを使うとき、ケータイでのテレビ電話のように、モニターは鏡のようになり感覚的に楽です。Windowsでは鏡にすると、相手側にも鏡で送っちゃうから、その辺だけはMacに軍配が上がりますね。

カメラ内蔵のWindowsではどんなもんか分かりませんけど。

iFAX…使わなくなったので

10年くらい前は、仕事ではFAXを使った連絡が多かった!!

そんな頃にフリーランスになったもんだから、FAXは手放せない!



でも、パソコンあるのに手書きはなぁ…と考え、NTTの当時は「テガルス」という(現在はiFAX)インターネットファックスのサービスを申し込みました。私が契約したのはメールソフトで送信したものが相手先にFAXとして届くというもの。

MacG3に接続した電話線を利用して、PCから直接FAXする方法もあったんだけど、当時は操作がややこしかったんで「テガルス」は大変重宝してました。初期の頃は画像を添付しても送信できたので、FAXしか持ってない友達にもよく使ってました。



が、しばらくして画像に規制がかかり、またしばらくしてNTTが再編され、サービスがNTTコミュニケーションズへ引き継がれ、名称が「iFAX」に変わる頃には、仕事先でのeメール普及が広まってたんで、サービスを使わなくなってきました。

それでも、FAXでの連絡はなくならないので、しばらくはちょくちょく使ってたんだけど、新しいMacG5を購入したら、PCからのFAX送信が楽に!サービスは全く使わなくなっていました。



で、ずーっと解約もせずそのままにしてたんだけど、夏前に回線をISDNから光に変えたら、サービスの請求が別になったようで、NTTコミュニケーションズから毎月書面で10円前後の請求書が届くようになってしまいまいました。

めんどくせー!!!!



というわけで、本日電話して解約手続きを!

長らくお世話になったけど、今後このサービスは新規利用者はいないだろうなぁ。

いったいいつから?市販のDVDが再生できない!

自宅のVHS&DVD再生デッキが壊れ(正確にはVHS部分だけ)、DVDの再生にMacを使ってみようと思いました。



が、最初の数秒で固まる。メニュー画面を出そうにも「使用できません」。

いったいいつから使えなくなってるんだ?

OSをLeopardにしたからか?おそらくそうだろうとは思うけど、DVD自体の認識はしてるんで、今のいままで気づかんかったです。

デフォルトのDVDプレーヤーに不具合があるようです。

が、ネットで調べるとLeopardにしたばかりで同じような不具合が出た人も、10.5から10.5.2にアップグレードしたら直ったと書いてある…けど、私の更に上位の10.5.5よ?IntelMacじゃなくてPowerMacだから?

まぁ、前述の同じような症状になってた人が、メディアプレーヤーのVLCを使えば再生できるとあったので、デスクトップ上にマウントしたものを全部アイコンの上にドラッグしたら、ちゃんと再生できました。

VLCはMac、Win、Linuxでも使え、対応している形式が一番多いプレーヤーなので今までも重宝はしてたんだけど、今回は特に助かりました。



でも、なんだかなー。やっぱりIntelMacにしないと、こういった細々した不具合がこれからも表れそうですわ。やれやれ。



で、ついでにMacとWinのVLCのバージョンアップを。ざっと見た感じ、どちらもインターフェイスがガラッと変わっちゃって少し戸惑っています。が、Mac版には今までWin版にしかなかった機能が追加されている(未確認)。



これをついでに、ストリーミング配信のやりかた、少し勉強しようかな。

<< | 2/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

iPod touch

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM