iLife'08 または'09 について思うこと

MacのソフトでiLifeというのがありますが、これがちょっと私の環境では困り者。

iPhoto(画像整理)、iMovie(動画制作)、iDVD(DVD編集)…等々、感覚的に使える便利なソフトが、まとめて1万円しないんだけど、今年発売したバージョンの半分くらいのソフトが、私のMacでは使えないのだ(もともと未使用のソフトも含む)。

Mac Classic…って今頃かいっ?

何年ぶりかにMac Classic仕様の仕事が舞い込みました。

しかも指定ソフトがAdobe Illustrator8.0!



ちなみに、現在の私の主機のMacはOSがLeopardなのでClassicは使えません。昨年入手したMac MINI(メモリ512MB)にTigerが入っているので、そこにClassicを、あくまで古い制作物を開く為の緊急起動用としてインストールしてましたが、実際の制作(しかも大物)となると、ちょっと心もとない…。



最初に思いついたのは、知人宅で眠っているOLD Mac(G3)を引っ張りだすこと。



う〜ん…。



と、ここでほんの3週間ちょっと前の出来事を思い出しました!



今、私の主機Macは、HDDがふたつ入っているんだった!

80GBを500GBにまるっとコピーし、現在80GBのHDDはバックアップでしかないのだ!!!

変なセンサー?

もともと月曜日はMacの自動起動後2〜3時間は作業中にも関わらずスリープする現象が出ていたけど、今日はちょっと違う。

お昼頃に手動で再起動して約3時間後、デスクトップ脇で紅茶の飲み残しをこぼしら、絶妙なタイミングでMacがスリープ!



紅茶は一切PCにはかかっていないのに!?



ぬれたのはケータイのストラップとUSB充電器のケーブル、サブモニターの足場だけ。



単にタイミングが合っていただけ?

それとも私が焦ったときのマウスの動かし方?



最悪は、私の気づかないところでコンセントや精密機器に水がかかった?



しばらく部屋を除湿して様子見です。



MacのOS、Leopardが10.5.7になりました

5月中旬に、Mac OS X Leopardのバージョンが10.5.6から10.5.7になってたのでアップグレードしました。

GW前くらいから、各種アプリケーションのバージョンアップの通知も立て続けで、アップグレードしては再起動の繰り返しです。



10.5.7での主な改良は、動作の安定性というよりセキュリティ関連の強化に力をいれてる感じです。

バックアップも程々に…

Mac本体のバックアップ用にと、昨年秋からTime Machineという機能を使っていましたが、先日のMacパワーアップ大作戦において、80GBだった起動ディスクを500GBのものに変更!サポートの人に、まるっとコピーしてもらったので(コマンド使ってたなぁ)、特に問題はないと思ってたんだけど…。最初のバックアップに恐ろしく時間をとられ(一晩中)、NASの外付けHDD(500GBのTime Capsule)の空き容量が驚愕するほど程少なくなってしまいました!

Macをパワーアップはしたけれど…

先日Adobe Creative Suite 4 へのアップグレード版(Mac用)をしました。CS→CS4ですが、たぶん私の作業環境ではこれ以上のアップグレードは無理。今のMacをぶっ壊れるまで使い続ける覚悟です。



で少々お金をかけて、メモリを2GB+256MBをマシン最大の4GBに、内蔵HDDは80GBに500GBを追加しました。特に内蔵HDDは空き容量が15GBを切っていたので、作業に不安があったんで迷わず交換です。元々の80GBのHDDは仮想メモリ用にしてもらいました。



あと、ちょこっと変更したのはMac本体とTime Capsule本体を繋ぐLANケーブルを100BASE-TXから1000BASE-T対応のものにしてみました。自宅内のハブが100/10だったんで、あまり気にしてなかったんだけどMacとTime Capsuleの説明書を見ていたら対応してたので…。

変えてみて、いろいろ早くなったような気はしますが、HDDやメモリも増設してるので、ケーブルが直接の原因なのかは不明なんですけどね。

旧式のiMacG3活用法 3

旧式iMacにVine Linuxをインストールしてしばらくたちました。

未だに目的の動作が出来ていませんが、少しだけ光明が見えてきました。

既に絶版になっている書籍でしたが

Vine Linux 3 入門キット」を中古で購入!

本当は「Vine Linux 4 入門キット」の方が欲しかったんですが、前者はCD-ROM欠品により送料込みでも600円強、後者は送料込みで2000円以上だったので…。



ま、右も左も分からない私には良い勉強になるでしょう。

これでもダメだったら「Vine Linux 4 入門キット」を再度購入してチャレンジです。



それでもダメなら…やっぱりiMacは粗大ゴミかなぁ。

最近拡張したこと Bluetooth編

昨年夏にケータイを水没でぶっ壊し、しばらく古いものを引っ張りだして使っていたけど、ようやく2月の末に完全防水のものに買い替えました。



実際に使ってみて困ったのがmicroSDカードの着脱!



普通のケータイだと、側面から着脱できるんだけど、私のは完全防水のためかsimカードの隣に入れる仕様。要するに、いちいちバッテリーを取り外さないとダメなのでした。

ブログの更新用に、ケータイで撮った写真を1〜2枚移動させるだけなので、少しめんどくさいけどメールで送っています。(前述の作業をするよりは楽)



PCに赤外線機能でも付いていれば良かったんだけど、これも無し。



で、Bluetooth機能付きのケータイだったので、PCにBluetoothのUSBアダプタを付けてみました。



が、これも期待した成果があがらず…。



ケータイのメーカーによってはBluetoothではjpgeを送受信機能がないらしいのです。

私の買った機種はどーでもいいような電話帳データはBluetoothで送信できても、写真類は赤外線かIC通信のみ…。



つ、つかえねー!!!

今回の確定申告

今年も例年と変わらず、ギリギリになって確定申告をしています。

3年前から、国税庁のホームページ「確定申告書等作成コーナー」で、収支決算書と申告書を作ってます。

e-TAXまでやってしまうと、控除もあるらしいんだけど、初期の手続きがめんどくさくてね。

最近拡張したこと

その1)



部屋のテレビに、ネットワーク上のPCから映像が再生できる「リンクシアター」を繋げました。私が選んだのは、デジタルチューナー搭載モデルで録画も可能!

…地デジになったとはいえ、腕の長さほども奥行きのあるテレビなんだけど、映像は輝度が高いのか、格段にクリアになりました。





その2)

Mac歴15年にして、作業Macをデュアルモニター可!

出先で同業者が使っているのを数回見たことがあるだけで、実際に動かしたのは初めて拍手



もともとMac G5には、DVIとADCの2台分のディスプレイポートがあったんだけど、今まではDVIをコネクタでD-Sub15ピンに変換し、20型のブラウン管モニタ(Pro仕様)に接続使用(めっちゃ奥行きがあり重量大)。

本職が印刷物のデザイナーということもあり、Pro仕様のモニタなんだけど、液晶のモノは高価すぎて…という現状が悲しい。



でもま、ADCポートがずっと余っていたので、今回、中古ADC対応の液晶モニターをネットで取寄せて設置。

当初は変換コネクタを買って、以前購入していた別の中古液晶モニターにくっつけようと思っていたんだけど、コネクタ自体が6000円もするのよね。色ムラはあるけど、サブモニターのつもりで探していたし、WEBページのデザインをしたりする分には、まず気にはならない。ジャンク品にしちゃいい買い物をした感じ。



Adobeソフト等での操作には、すっごく役立ちそうかな。



欲を言えば、もう少し印刷物用にカラー調整ができるといいんだけどなぁ。発色が良すぎ!!!







次回更新(Bluetooth編)に続く。

<< | 3/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

iPod touch

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM